シート製造

シート製造

Gneuss Processing Unit (GPU)のシート押出しラインは熱成形のPET製品において、世界中で運転されています。アプリケーションは、消費者が使用した食品用ボトルフレークを100%使用したモノレイヤーのシートから、液体用コーティングまたはラミネートシートまでに及びます。

典型的なアプリケーションは、吐出量350~2,000㎏/hであり、シート幅は最大で2,000㎜、シート厚は、0.15~1.2㎜の程度です。PETボトルフレークや、ヴァージン材(ペレット)の破片やPET樹脂をリグラインドしたゴミとなる骨組みの部分に加えて、PEラミネーションをされたGAGやPETシートはしばしば加えられます。前乾燥がない、結晶化している、摩擦熱のある、特別かつ繊細なダイレクトプロセスによって、大きく異なる融点を持った材料でも直接処理することが可能です。

テクニカルオプション:

  • マルチ重量計測フィーダー
  • 共押出し (MRS, 単軸押出機)
  • シートラミネーション
  • 接着防止/帯電防止コーティング
  • シートダイのオプションである自動リップ調節ダイを用いた厚み計測
  • シート品質モニタリングシステム
  • ストレスアナライザー

特徴:

  • 高い透明性と光沢(黄変が少ない)
  • 高い強靭性と衝撃抵抗。壊れにくい
  • 温度分布の安定性により、非常に優秀な熱成形性
  • 100%リサイクル材を使用することをFDAから許可されたLetter of Non Objection (LNO)、 モノレイヤー及び共押出しシートの両方においてで食品接触承認を得ているEFSA
  • 2枚重ねのPET/PETGや、限られたPET/PEシートからリグラインドを伴うようなPETGやPEといった低い融点を持つポリマープロセス
  • 素早く材料を変更できる高い柔軟性
  • 主力エネルギーの削減、省スペース、シンプルなメンテナンス