合成繊維 製造

合成繊維 製造

高純度―高品質

合成繊維製造において、環境にやさしく・生産性の高いラインを求める要求は、世界中で増加しています。MRSのマルチローテーションシステムはその両方の要求を満たします.

グノイスの押出ラインは、使用済みPETボトルフレークや工場内で発生した様々な粘度からなる繊維屑から高品質な合繊繊維を作るように設計されています。同じ材料を2台のMRS押出機に投入をし、それぞれのMRSを違う真空レベルで調整することで、違う粘度の材料を紡糸ビームから同時に押出し二構成要素のステープルファイバーを製造することができます.

MRS押出機のさらなる応用はPETボトルフレークや生産廃棄物を、カーペット繊維(BCF)、不織布や複合繊維にまで至ります。PETボトルフレークを使用する事で、原材料のコスト削減を可能にします。MRS押出システムはどんな種類の繊維とも下流設備とで混合が可能です。

グノイス社合成繊維製造の優位性:

  • 均一なポリマーを排出 変動・変化なし
  • 高い安定供給能力
  • 様々な水分レベルを含んだ加工材においても安定的なIV値を維持できる
  • 同じ投入材料であっても、粘度の変更・設定が可能
  • 制御された、一貫した粘性
  • 100%のリサイクルされた材料を加工する場合でも、溶融純度は均一です
  • 精密ろ過 (12 ~ 40 µm)
  • エネルギーの削減