廃棄物をチップ/ペレットに

廃棄物をチップ/ペレットに

フィルム、繊維、更には市場回収品であるPETボトルフレークなどのリサイクル可能な廃棄物は、高水準の純度で高品質ペレット/チップに加工し、生産押出機でバージン材料と混ぜることができます。

繊維、フィルムやダンゴなどのリサイクル可能な廃棄物は、シュレッダーに入れられ、金属セパレーター付コンベアでアジエータ―を搭載した容器に投入されます。そこから、材料はオーガや詰め込みフィーダーによって押出機に運ばれます。

あるいは、サイズを圧縮し塊となったリサイクル可能な廃棄物は、MRS押出機に直接入れることができます。サイズ圧縮と押し出しの処理工程を切り離すことの長所は、材料の投下(そしてさらにスループット率も)が均一にされ、そして、金属は材料フローから確実に排出されるところにあります。このシステムを統合化システム上で達成することは、一般的に非常に難しいです。

押出機はゆっくりとポリエステルのゴミを溶かし、MRSの脱気セクションにおいて、表面に付着した水分、吸収された水分、スピン仕上げオイル、その他の添加物、または印刷インク(フィルムリサイクル時)といった、揮発成分を含んだポリマーをきれいにします。真空下の集中的で非常に効率的な表面交換は、優れたパフォーマンスを確実にします。ガラス、紙、またはセラミックのような固体物質は、全自動の、セルフクリーニング回転式スクリーンチェンジャーや、フィルターに通された溶融樹脂からペレタイジングシステム(チップ・カッター)へ移されることによって、取り除かれます。

オプションとして、(たとえばより高いIV値材料が必要とされるとき)溶融ポリマーは、ペレット化される前に、正確なIV値増加を実現するために、直接IV値ブースターシステムJUMPに投入することができます。

ペレタイジング/チップカッティングシステムは、後に続く結晶化する円筒ペレット向け、あるいは、余熱結晶体の球体のペレットアンダーウォーターダイフェイスカッティングシステム向けの、アンダーウォーターストランドペレタイジングプロセスとして特化されることができます。このように、高品質ペレット/チップは、最大100%リサイクル可能な廃棄物から製造することができます

アプリケーション例:

更なるプロセッシング用ペレット

高粘度アプリケーション用のペレット

GNEUSS社のペレット/チップ産業向けのリサイクル構想の利点

  • 幅広い特性を持ったペレットでも対応可能です
  • ユーザーが求める正確な粘度調整ができ、様々なアプリケーションの条件を満たすことが出来ます
  • ユーザーがブレンドを調整することが出来ます
  • 広範囲にわたる様々な種類の添加物を、簡単に溶融物に添加することが出来ます
  • 本来は廃棄物となるようなリサイクル可能材料から作られる高品質ペレットを販売出来ることによる、新しい市場開拓の実現が出来ます