高粘度アプリケーション用ペレット

ファイバーや、フィルム、スタートアップ時のロス材料を用います。これらは、サイズは減らされ、そして必要であれば団子状にされ、金属探知機を通ってMRS押出機に投入されます。そこで原料は溶かされ、溶け込んだもしくは表面に付着している水分や、スピン仕上げオイル、その他工程で用いられる油分といった揮発性のコンタミを抽出し脱揮します。固体のコンタミは、ロータリーフィルトレーションシステムおよび、ブースターポンプを用いて抽出されます。溶融PETは液相IVブースターシステムJUMPへ投入されます。JUMPリアクター内の撹拌及びミキシング装置もまた、真空下において、高いポリマー溶融表面交換率によって、設定されたIV値を実現することが出来ます。粘度は、ラインコントロールシステムとの組み合わせにおけるオンライン粘度計を用いて調節することが出来ます。溶融ポリマーはロータリーフィルトレーションシステムを通って、バキュームから送り出されたのち、ペレット化されます。

waste_to_pelletsiv_en