更なる工程用のペレット

ファイバー、フィルム、生産スタートアップ時にできる廃棄物のような、容積密度の低い廃棄物は、団子状にまとめられ、押出機に投入できるようなサイズにするために、シュレッダーにかけられます。その原料は、金属探知機付のコンベアベルトによって、アジエータ―付の中間容器へと輸送されます。そこから、容積の大きい原料はドリルもしくは振動フィーダーを用いて押出機に投入されます。押出機内で、原料は溶かされ、脱揮され、さらにコンタミを取り除かれます。水分や油分といった揮発性のコンタミは抽出除去されます。一方で固体のコンタミはロータリーフィルトレーションシステムによって抽出除去されます。ペレタイジングの後で、既に揮発性及び個体のコンタミを取り除かれ浄化されたペレット/チップは、フィルムやシート、ファイバー、梱包テープなどといった産業において、バージン材の代わりに用いることが可能です。