グノイス社の歴史

35年以上の革新、情熱、信頼

創立

1983年の創立以来、GNEUSS GMBHは新しい技術コンセプトおよびDETLEF GNEUSS氏とその妻CHRISTEL GNEUSSの飽くなき情熱によって、国際市場において樹脂のろ過技術の先頭を歩んでまいりました。

創立当初からポリマーろ過装置世界市場を牽引する先駆者として、そして業界一の圧力および温度センサー技術の先導者として業界をリードしてきました。弊社の最初のターゲット市場は異形押出、パイプ押出、シート押出、そしてコンパウンド押出向けのろ過装置でした。

新しい技術アプローチによってかつて得ることのできなかったソリューションプロセスを得ることが可能となり、GNEUSSのこの技術的コンセプトに基づいた製品は市場でも他方面で高い評価をいただいております。「連続生産フィルトレーション」、「プロセス一定」、「圧力一定」といったフレーズは我々の強みを象徴するキャッチフレーズとなりました。

また温度センサー、圧力センサーの分野ではGNEUSSは世界で初めて水銀をしようしない圧力変換器と温度センサーを製造しています。

グノイスの成長

重要な投資プログラムががGNEUSSの会社設立から5年後に始まります。エイジュンハウゼン工業団地においての新しい会社の建物の建立を筆頭に、米国での販路拡大を見込み、フィラデルフィアにGNEUSS INC.が設立されました。

一方で、日本における販売および技術サポートを伊藤忠プラマック株式会社に託しました。GNEUSSはよりお客様の高い品質要求にお答えするため、よりお客様の近くでサポートをできる体制を構築しました。また南米に置いては同様のサポート体制を構築するため、現在探索中です。

専門的知識および客先との対話

プラスチック製造業業界における評価が高まっていく中で、GNEUSSは設立10周年を記念すべく、1993年に最初のGNEUSSオープンハウスを実施しました。世界中から300人近いゲストを招待し、開催しすばらしい催し物になりました。プラスチック製造を専門とする専門家が集結し、新しいアイデアや技術の交換およびネットワーク作りを各方面で作り上げ、大変有意義なものとなりました。

GNEUSSの成果

ロータリーフィルトレーションシステムの有用性が世界中で広まるにつれて、プラスチックの原料製造メーカーや成形品製造メーカーなどの間で需要が高まり、注目をさらに浴びるようになりました。このニーズに対応するため、GNEUSSではPET樹脂専用の完全密閉された、全自動の6ミクロンものフィルトレーションサイズを持った回転式フィルターを開発しました。

6,000㎏/Hもの処理量を誇る樹脂のフィルトレーションの開発がRSFGの開発のスタートとなりました。RSFGの登場によって樹脂フィルトレーションのろ過の新たなスタンダードが誕生し、そして今日までその使用実績において多種多様な用途を極めました。

世代交代

Gneussにおいて初めての世代交代は2000年でした。Gneussでは2000年も一つのターニングポイントとして定めています。初代Gneuss社長の二人の子が後を継ぎました。有能かつ若いながらも、貴重な経験および情熱を兼ね備えた二人がGneussの経営にまわることで、さらなる飛躍を目指しました。

Daniel Gneussが北米および南米地域を担当する一方で、Stephan GneussはBad Oyenhausenにて会社の舵をとりました。受け継がれた二人の子の有能性および適格な経営能力によって、Gneuss創設以来最大限幅広い開発や会社の発展に力をいれることができるようになりました。

このように、会社内の世代交代で体質をかえることで、さらなる新市場への参入を実現、、Gneussは未来に向けた成長へ新しい一歩を踏み出しました。

押出

2007年には八本の小径スクリューをメインのスクリューで噛み合わせながら回転させる新型特殊押出機MRSをKshowにて発表しました。MRSはリサイクル業界において大変注目を集めています。R-PETのリサイクルを簡略化し、乾燥行程なしで途中に特殊水分脱気システムを内蔵させて、高品質の再生ペレットの製造を可能にしました。

垂直統合ビジネスモデル

Bad Oeynhausenにある本社が、測定技術分野のバリューチェーン全体をカバーした戦略的決定を行います。継続的な技術開発により、迅速かつ柔軟にお客様の要求を満たし、包括的なサポートと新たなセンサー開発を拡大・推進しています。

経営

Gneuss設立の30年後に、後継者の世代交代が行われました。息子であるDaniel GneussとDr. Stephan Gneussが、創設者退任後、一手の経営を受け継ぎました。

Gneussの拡大

「プロセス技術」の確かな拡大および付帯設備メーカーからシステム一体メーカーへの変革はGneussにとってBad Oeynhausenにおけるメーカーとしての威厳を保つためにも必要なものになりました。この変革や拡大は今後の開発や発展におおいに役立つものだとGneussは考えています。

成長

現在、Gneuss社は世界各国に200人の従業員がいます。