全自動、圧力一定、プロセス一定

達成できる製品品質、経済性と効率、オペレーションとメンテナンスが容易ということに関して、RSFgeniusは比類なき可能性を有しています。この全自動、圧力一定フィルトレーションシステムはほとんどすべての用途に、プロセスの自動化や最終製品の高品質化のために使用することができます。

RSFgenius フィルトレーションシステムの特徴

  • 全自動 
    このフィルトレーションシステムは全自動で稼働し100%生産ラインの稼働が可能です。コンタミのレベルによりますが、フィルターの交換頻度(フィルター交換は20~30分)は約1~16週間毎です。また生産プロセスおよび製品品質には影響はありません。
  • 安定性
    濾過面積を一定に保つことで圧力、温度、粘度、吐出量も一定に保ち製品品質を保証します。
  • 品質
    フィルトレーションシステム後の溶融樹脂は最適化された樹脂流路、封止技術により高品質に保たれます。短い滞留時間(1分以下)は迅速な樹脂変更、色変更を可能とします。1umのフィルター粗度もご提案可能です。

  • シンプル
    フィルター交換時でもオペレーター、周辺環境を危険に晒すことはありません。完全に封止されたRSFgeniusのデザインは周辺環境の影響を受けません。高圧・効率的なフィルター逆洗により自動でフィルターは100~400回再利用可能です(フィルター粗度による)。
  • コンパクト
    小型でコンパクトなデザインのRSFgeniusは低コストで限られたスペースに簡単に設置可能です。また高品質断熱材により消費電力も非常に低いです。

オペレーションモード

フィルターが回転することにより、流路には常にキレイなフィルターエレメントでろ過されます。これは、フィルターエレメントが流路に入る前に、逆洗動作を行っているためです。
濾過された樹脂が少量抜き取られ、約30~80barの圧力でスクリーンの出口側から入口側に逆洗されます。1回の洗浄でスクリーン表面積の約1%が洗浄されます。定められた両で高い洗浄効果をもたらします。